スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏の「けじめ」必要=証人喚問も応じるべき-渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は22日午後、国会内で記者団に対し、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことに関し、「あんな大差で負けるなんて考えられなかった。どこかで国民が理解できるけじめを付けないと次の参院選は勝てないだろう」と述べ、小沢一郎幹事長の進退を含め「けじめ」を付ける必要があるとの考えを示した。
 渡部氏は、小沢氏の元秘書らが政治資金規正法違反事件で起訴されたことを踏まえ、「政治家の出所進退は、国民が見て『なるほど』と理解するような判断をしないと支持されない」と強調。野党が求める小沢氏の証人喚問については「どういう場面でも潔白であると説明する機会は、喜んで出ていかないといけない」と小沢氏は喚問に応じるべきだとの見解を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

元看護師の被告、保険金殺人で死刑回避を訴え(産経新聞)
シンリンオオカミ「最後の母」ナナ、糖尿病死(読売新聞)
普天間移設 石破自民政調会長が政府の迷走ぶりを批判(毎日新聞)
<ウェッブ上院議員>グアム移転計画「日本の結論待ち」(毎日新聞)
NHK、地デジ共同受信設備への助成を拡充(読売新聞)
スポンサーサイト

予算案 与党3党、3月1日の衆院通過で一致(産経新聞)

 民主、社民、国民新の与党3党は23日、国会内で国対委員長会談を開き、平成22年度予算案について、3月1日に衆院を通過させる方針で一致した。

 自民党は22日から衆院予算委員会で審議拒否を続けているが、山岡賢次国対委員長は会談後、記者団に対し「国会は若干不正常だが、一党だけが党の都合で出てこないということがあってもほぼ正常化だ」との認識を示し、「粛々と(予算審議を)やっていくことで一致した」と述べた。

【関連記事】
自民、審議拒否を続行 「子ども手当」法案、午後に審議入りへ
「政治とカネ」説明責任 国会避ける小沢氏
地方選勝利の勢いで自民が強気の審議拒否
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党

契約者情報大量流出、アリコに業務改善命令(読売新聞)
「相乗効果狙って」無許可で精力増強薬を陳列 薬事法違反でAV販売会社を書類送検(産経新聞)
ポンペイ島の生活習慣病 ラグビーで防ごう 武蔵野から交流団派遣(産経新聞)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)
普天間県内移設反対で意見書=沖縄県議会24日可決へ(時事通信)

<無国籍難民訴訟>退去強制処分は違法 東京地裁判決(毎日新聞)

 ベトナム難民の子としてタイに生まれ、無国籍状態で日本に不法入国した53歳と49歳の男性2人が、国にベトナムへの退去強制処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(杉原則彦裁判長)は19日、訴えを認めた。原告側弁護士によると、2人は退去させられても受け入れる国がなく、日本には同様の境遇の人が20人以上いるという。

 2人は91年に他人名義のパスポートで入国、07~08年に入管法違反容疑で摘発された。訴えで「ベトナムには行ったことすらない。受け入れてもらえないのに送還先とした処分は違法」と主張した。

 判決は「読めない日本語や英語の書類を使った処分手続きには重大な欠陥がある」と指摘。強制送還の是非は判断せず「再度処分をする際、送還先の指定には特に慎重な検討を要する」と述べた。

 原告側の小豆沢史絵(あずきざわ・ふみえ)弁護士は「2人は地球上どこにも行き場がなく、日本でも滞在を認められない状態が続く。判決が確定したら国に在留特別許可を申請する」と話した。【伊藤一郎】

<寛永通宝>地域通貨で使用へ 香川・観音寺市で計画(毎日新聞)
官房長官、こっそり東京離れる…説明も拒否(読売新聞)
宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)
<埼玉県立大>男性講師を懲戒免職 リポート紛失や採点ミス(毎日新聞)
企業献金禁止めぐり与野党協議機関=鳩山首相、設置に前向き-党首討論(時事通信)

脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し-東京地検(時事通信)

 不動産取引による利益で得た約20億円の所得を隠し、約7億6900万円を脱税したとして、東京地検特捜部は23日、所得税法違反容疑で、弁護士小谷平(67)、公認会計士小谷万里子(59)両容疑者ら3人を逮捕した。 

山内衆院議員の元秘書逮捕=3千万円詐取容疑-警視庁(時事通信)
渡辺・みんなの党代表、舛添氏らに「新党を」(読売新聞)
同僚妻の交通違反見逃し指示=署交通課長に停職1カ月-警視庁(時事通信)
トーゴ、反捕鯨団体の船籍はく奪=公海上での臨検容易に(時事通信)
<国家戦略室>予算監視チームを各省に設置要請(毎日新聞)

殺人未遂 元警官、自宅前で撃たれ重傷 福岡(毎日新聞)

 20日午後5時ごろ、福岡県大木町絵下(えげ)古賀、福岡県警の元警察官、川上二六(にろく)さん(69)が自宅前で拳銃で撃たれた。犯人は5、6発発射し、うち3発が川上さんの右足にあたり重傷。直後にバイクで逃走しており、県警は殺人未遂事件として捜査を始めた。

 県警大川署によると、川上さんは自宅前で車から降りたところを撃たれた。大腿(だいたい)部にあたった1発は貫通したという。意識はあり命に別条はない。犯人は帽子をかぶり眼鏡を着用しマスクをしていた。

 川上さんは県警機動隊などに所属し、瀬高署勤務を最後に01年に退職。柔道が強かったという。

 川上さん宅の隣人の女性は「畑作業の最中にパンパンと連続して4回くらい聞き慣れない音がした。川上さんは人柄も良く、人に恨まれることはないと思う」と話す。女性によると、川上さんは母、妻、娘夫婦、孫らと暮らしている。

 現場は西鉄久留米駅から南西に約15キロの住宅街。

【関連ニュース】
殺人未遂:男性2人刺される 容疑者逮捕 東大阪
警察署内発砲:傷害の容疑者、銃奪い 警官1人重傷 東京
殺人未遂:男子高校生刺した容疑 56歳の男を逮捕 徳島
男子高校生:後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅
殺人未遂容疑:仙台育英高の留学生逮捕 生徒刺す

<警察>相談情報を記録し集約管理へ ストーカーなど対応で(毎日新聞)
首相、名護市長と会談(時事通信)
五輪ジャンプ 個人メダルは遠く…葛西、団体戦にかける(毎日新聞)
伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
「夫婦・親子別姓」法案を提示 法務省(産経新聞)

民主政調復活を否定=首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は18日午後、民主党の一部議員が党政策調査会(政調)の復活を求めていることについて「政策は政府に一元化という考え方をしている。復活という考え方は取らない」と述べ、否定的な考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

65人が結核再検査 江東区(産経新聞)
<介護保険>過徴収10億円 東大阪で設定ミス(毎日新聞)
<衆院本会議>予算委員長解任決議案を否決(毎日新聞)
<雑記帳>雇用対策でアイスづくり 千葉・市原(毎日新聞)
副大臣、首相指名の起用可能に=内閣人事局長、人選見直しも-政府(時事通信)

<火災>住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成(毎日新聞)

 18日午後10時35分ごろ、大阪市西成区松3、無職、松山ひとみさん(55)方から「こたつが燃えている」と119番通報があり、木造モルタル2階建て住宅2階の一室約10平方メートルを焼いた。2階から松山さんとみられる女性が見つかったが、全身にやけどを負っており、間もなく死亡した。

 大阪府警西成署によると、松山さんは妹と2人暮らし。妹は避難して無事だった。

【関連ニュース】
アパート火災:押し入れ付近からライター 東京で2児死亡
火災:住宅全焼 焼け跡に遺体 埼玉・毛呂山町
火災:2幼児死亡 「中に子供」叫ぶ母 東京・練馬
火災:住宅が全焼 82歳と79歳の夫婦死亡 三重・松阪
火災:大阪府立大学の部室棟燃える けが人はなし

中華まんに覚せい剤隠し密輸=台湾人の女を逮捕-成田空港(時事通信)
再会断られ少女の自宅放火、龍谷大生を再逮捕(読売新聞)
里山の開発許可下りず損害、名古屋市を提訴(読売新聞)
小林議員側違法選挙費 原資の一部、主任手当か 北教組 30年で55億円プール(産経新聞)
<傷害>長女に暴行、死亡…容疑の母を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)

党首討論 政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初(毎日新聞)

 新政権発足後、初の党首討論は政治とカネの問題に終始した。自民党の谷垣禎一総裁は38分間のうち28分、公明党の山口那津男代表は11分のうち9分を割いたものの、鳩山由紀夫首相の答弁は、12日に開かれた衆院予算委の集中審議とほぼ同じ。内容の乏しいトップ同士の論戦を初傍聴した与野党の新人議員は「説明不足」「党首討論は追及の場ではない」と、それぞれの立場で不満をあらわにした。

 自民党の小泉進次郎氏(28)は「総理の仕事は国民に税金を払ってもらって国を運営すること。本人が払っていなかったのに国民に納税をお願いできるのか」と指摘。「カネの問題が続出する民主党は、利権政治に縛られたかつての自民党と同じ道をたどろうとしている」と話した。

 斉藤健氏(50)は「初傍聴で期待していたが、時間が短すぎて予算についての討論が少なかった」と不満足げ。その上で「12億円もの資金を『秘書が管理していて存在を知らなかった』などと繰り返している限り、この問題を決着させるわけにはいかない。証人喚問や参考人招致を開くべきだ」とさらなる説明を求めた。

 一方の民主党の新人の横粂勝仁氏(28)は「党首討論は追及の場ではなく、与野党のリーダー同士が国の根本を話し合う機会のはず。あの約45分を有効に使えば、子育てに苦しんでいる人や仕事がない人を助けることもできるのに」と野党の姿勢を嘆いた。

 長島一由氏(43)は「集中審議の焼き直し。そもそも総理は(資金提供の判明後)納税しており、『総理に脱税疑惑があるから国民が税金を払わない』というのは論理の飛躍」と批判した。【篠原成行、内橋寿明】

【関連ニュース】
17日に行われた党首討論の要旨
党首討論:「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相
<写真で見る>党首討論で“初対決”した福田康夫首相(右)と小沢一郎民主党代表
<鳩山政権の通信簿>マニフェストを検証
<明快図説>民主党の党内人脈図

認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官(医療介護CBニュース)
「三百代言」のそしり、免れないのはどちら(読売新聞)
私は除籍なのに…元民主の浅尾氏が石川被告との違いをぼやく(産経新聞)
アパート火災、男性2人死亡=女性1人軽傷-大阪(時事通信)
韓国曲をカラオケ無断使用、第一興商に賠償命令(読売新聞)

工事騒音で牛暴れる、福島県などに賠償命令(読売新聞)

 福島県発注工事による騒音などで牛が暴れ、被害を受けたとして、いわき市内の酪農家が、県と施工業者の「錦興業」(現・クレハ錦建設、いわき市錦町)を相手取り、約1億4200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、福島地裁いわき支部であった。

 松下貴彦裁判長は原告の訴えの一部を認め、県とクレハ錦建設に約2840万円の支払いを命じた。

 酪農家は、2003年3月~04年10月、同市高倉町で行われた県発注工事の騒音や振動に牛が驚き、多数の牛が負傷、死亡するなどの被害が出たとして06年8月に提訴した。

 判決は、一部の牛の負傷・死亡については騒音などとの因果関係を認め、「原告には、牛に与える影響などを考慮し、牛の受忍限度以下に抑える対策を取る注意義務があった」とした。

東京スカイツリー 高さ300m突破…墨田区で建設進む(毎日新聞)
香港警察が天賞堂の現場で侵入経路を確認 高級腕時計窃盗事件(産経新聞)
<長谷川等伯展>出品の国宝2点搬出 京都・智積院から(毎日新聞)
現行法の解釈で業務範囲拡大を―チーム医療協議会(医療介護CBニュース)
空き巣100件繰り返す? 窃盗容疑で中国人ら逮捕 警視庁(産経新聞)

「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)

 日本勢の大健闘に、長島圭一郎、加藤条治両選手の地元も沸いた。

 長島選手の出身地、北海道池田町では、町田園ホールに集まった同級生ら約200人がテレビ観戦。銀が決まった瞬間、「やったぞ」と歓声が上がった。この後、町特産のスパークリングワインを開けて乾杯。英雄の活躍を祝った。

 同高スケート部だった帯広市の農業矢野圭祐さん(25)は「ドキドキだった。いい滑りだった。メダルなんてすごい」と拍手を送った。

 加藤選手が生まれ育った山形市では、商業ビル内でパブリックビューイングが行われた。銅メダル獲得の活躍に、市民らは「地元の誇り」などと声を上げ、喜びを爆発させた。

 中学、高校時代のスケートの指導者、石井環(たまき)さん(38)は「長い4年間だったが、メダルに値する努力をしてきたと思う」と涙を浮かべてねぎらった。

 長島、加藤両選手はともに、長野県下諏訪町にある日本電産サンキョーの選手。大スクリーンの置かれた会議室で社員約100人が観戦し、声援を送った。メダルが決まると、クラッカーとともに紙吹雪が舞い、万歳の大合唱に。安川員仁(かずよし)社長(59)は「前回の雪辱を倍返しで果たしてくれた」と語った。

<公務執行妨害>警官殴った疑い…58歳主婦逮捕 埼玉県警(毎日新聞)
【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)
前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)
京大病院に爆発物装うバッグ、400人避難(読売新聞)
<たまゆら火災>増改築重ね違反14件(毎日新聞)

計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡-奈良県警(時事通信)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)で肝腫瘍(しゅよう)の摘出手術中に男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元理事長山本文夫容疑者(52)=詐欺罪で実刑、控訴中=が、執刀前に手術計画書を作成していなかったことが9日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 主治医の塚本泰彦容疑者(54)らも県警の調べに、「手術計画書はもらっていない」などと話しているという。
 県警捜査1課などは、山本容疑者が事前に計画を立てずに手術を行い、男性を死亡させたとみて調べている。 

山崎拓氏を自民党シンクタンク所長に(産経新聞)
宮城3人殺傷「姉邪魔だった」逮捕の少年供述(読売新聞)
通報だけで死亡と判断=救急隊、出動させず-沖縄・宮古島(時事通信)
関東甲信、12日明け方にかけ大雪の恐れ(読売新聞)
人権活動家 上海に到着、入国許可される(毎日新聞)

兵庫・佐用町、台風被害から半年 癒えぬ甚大な被害の傷(産経新聞)

 台風9号に伴う豪雨で昨年8月、犠牲者18人が出るなど大きな被害を受けた兵庫県佐用町は9日、豪雨から半年を迎える。河川や道路の復旧整備計画がようやく整い、修復工事も本格的に始まるなど町は以前の姿を取り戻しつつあるが、自宅が大きな被害を受けていまも生活困難な住民もおり、「雨が降るたびに不安になる」と不安を訴えている。

 町や県によると、豪雨では河川や道路、橋など400カ所以上が被害を受け、危険個所には土嚢(どのう)を積むなどして応急措置を行ってきた。財政的に本格復旧は難しく、災害時に国が復興事業を負担する「公共土木施設災害復旧事業」の査定で、ようやく1月末、工事の入札が行われ、順次工事が始まった。

 復旧工事を含め今後500億円規模の水害防止対策工事が行われる予定で、町建設課は「かつてない規模だが、22年度中にすべての工事の発注を終えたい」としている。

 一方、豪雨では民家139棟が全壊、269棟が大規模半壊するなど約1800棟が被害を受けた。

 いまも64世帯155人が仮設住宅で暮らしているが、入居していない世帯でも自宅の修理が手つかずの家が多い。

 同町平福で食料品店を営む女性(68)は、店舗兼自宅が大規模半壊。大部分の部屋はまだ床板や畳をあげた状態で、ひと部屋で寝起きや食事をしている。床下の柱は斜めに傾いており、女性は「雨が降るだけでぞっとする。工事する資金のめども立たない」と不安を打ち明ける。

 自宅が半壊した主婦、黒川弘美さん(66)宅も、床板や畳を張り替えたが、いまなお床の間から泥が出てくる場所もあるという。黒川さんは「外から見ると元の風景を取り戻しているようにみえるが、(本格復旧は)まだまだです」と話している。

【関連記事】
被災地出身の女子大生が斬新な堤防を発表 兵庫
癒えぬ悲しみ、豪雨被害で慰霊祭 兵庫・佐用町
佐用豪雨から4カ月 不明の2人の家族ら懸命捜索
60世帯、仮設で年越し 豪雨の傷癒えぬ兵庫・佐用町
豪雨被害の兵庫・佐用町の川を改修へ

石川衆院議員、辞職も離党もせず…記者会見(読売新聞)
<メタボ健診>腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で(毎日新聞)
大丸神戸店の現場も確認=高級腕時計窃盗で香港捜査員(時事通信)
「国家安全保障としての医療」シンポで宇沢氏らが講演-日医(医療介護CBニュース)
北方領土返還 「一番大きな思いだ」 首相ら全国大会に参加(産経新聞)

<石巻2人刺殺>元交際相手が計画…無職少年、友人に漏らす(毎日新聞)

 宮城県石巻市清水町1、南部かつみさん(46)方で10日朝、長女美沙さん(20)と同市内の高校生、大森実可子さん(18)が刺殺され、次女沙耶(さや)さん(18)が連れ去られた事件で、沙耶さんを連れ去ったとして未成年者略取と監禁の疑いで県警に現行犯逮捕された同県東松島市の無職の少年(17)が、沙耶さんの元交際相手で石巻市内の解体工の少年(18)とともに南部さん方へ押し入る数時間前、友人に殺害計画を明らかにしていたことが分かった。【高橋宗男、垂水友里香】

 2人の友人らによると、元交際相手の少年は無職少年を「使いっ走り」のように扱っていた。友人らは9日深夜、元交際相手の少年が起こしたトラブルについて話し合うため、2人を探していたという。

 南部さん方近くの駐車場にいた2人を見つけたのは10日未明。

 この時、無職少年は「元交際相手の少年が(沙耶さんとの交際に反対していた南部さんの)母と姉を殺すと言っている」と打ち明けた。

 友人らは当初、相手にしなかったが、無職少年は「車に包丁がある。おれのせいにされる」と必死に訴え、包丁を握らされて指紋を付けさせられたことや、少年が革手袋をする予定になっていると説明したという。

 無職少年は「言うことを聞かないとお前も刺す」と脅されたといい、おびえきった様子だった。だが、半信半疑の友人らは「逃げるのは怖い」と繰り返す無職少年に愛想を尽かし、その場を後にしたという。

 友人の一人は「元交際相手の少年はいつも口ばかり。本当にあんな大それたことをするとは思わなかった」と話した。県警は元交際相手の少年や無職少年と交友関係のある関係者らから事情を聴いている。

【関連ニュース】
【写真で見る】石巻2人刺殺:逃走した18歳少年ら2人逮捕、女性は無事
【事件の一報】殺人:3人刺され女性2人死亡、少年が逃走…宮城・石巻
【関連記事】石巻2人刺殺:元交際相手の少年ら侵入後すぐに2階に
【関連記事】石巻2人刺殺:被害者、トラブルを「何度も警察に相談」
【関連記事】石巻の2女性刺殺:ドキュメント

医療事故調「今国会で議論を」(医療介護CBニュース)
陸山会事件、首相「小沢氏さらに説明を」(読売新聞)
「関連あり」報告、3例目=新型ワクチン接種後に死亡-厚労省(時事通信)
雑記帳 バレンタインにチョココスモス(毎日新聞)
ひき逃げで小学生重傷=登校途中に-兵庫・芦屋(時事通信)

雑記帳 エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪の女子カーリング代表、目黒萌絵選手(北海道南富良野町出身)を応援しようと、地元の「なんぷエゾカツカレー推進協議会」(川村勝彦会長)の会員7店が「カーリングで勝つカレー」を提供している。

 川村会長の店「なんぷてい」では、ハウスの中心に目玉焼きを付け、エゾシカのひき肉などをストーンに、色鮮やかなパプリカをスティックにそれぞれ見立てた。さらに「勝つ」につながるエゾシカのカツもトッピングした。

 値段は各店700~950円。提供は五輪期間中の今月末まで。川村会長は「応援の盛り上げへ、役に立てたい」。【横田信行】

【関連ニュース】
神鍋高原もみじ丼:シカ肉と地元野菜を特製たれで あす「冬まつり」で販売 /兵庫
シカ:もシカしてシロ 撮影に成功、神の使い!?--上郡 /兵庫
獣撃退装置:シカなどの食害、光と音で 「癒しの森花の回廊」野澤園長が自作 /埼玉
小浜市:駆除したシカの命、新メニューに活用を 調理師ら2人募集中 /福井
写真集:写真家・中村さん、親子ジカ作品集 あすまで出版記念展--奈良 /奈良

首相、子ども手当の11年度以降満額支給に意欲(読売新聞)
<小1虐待死>心のSOS届かず 父かばい気丈に振る舞い(毎日新聞)
<愛媛県高野連>甲子園の定宿「尼宝館」を表彰 昨秋閉館(毎日新聞)
<福島第2原発>原子炉内に針金(毎日新聞)
<ボクシング>亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)

<両堂記>東大寺二月堂全焼時の様子、詳細に 奈良博で公開(毎日新聞)

 「お水取り」で知られる東大寺(奈良市)修二会(しゅにえ)の練行衆(れんぎょうしゅう)(こもり僧)の日記「両堂記」(重要文化財)が、奈良国立博物館(奈良市登大路町)で6日から始まる特別陳列「お水取り」で初公開される。同博物館が発表した。舞台となる二月堂が江戸時代に全焼した時の様子が詳細に記されている。

 お水取りは3月1~14日に行われ、今年で1259回目。二月堂は寛文7(1667)年の旧暦2月13日夜、法要が終わった後に火事で全焼した。焼け跡に十一面観音像が生きているように立っていたことなどが、別の日記から知られている。

 両堂記には「燃え残る火煙をかき分けると、大観音にはがれきが一つも当たっていなかった。人々が集まってきて奇瑞(きずい)に感涙する。秘仏であるので急ぎすだれで覆い隠した」「行法を(隣接する)法華堂でするべきだが、道具がないので宿所でひそかに行った」などと書かれている。

 同博物館の斎木涼子研究員は「生々しい内容で、お水取りの歴史を考える上で興味深い」と話している。陳列は3月14日まで。【花澤茂人】

【関連ニュース】
奈良県議会:東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり
訃報:筒井寛秀さん88歳=東大寺長老
訃報:筒井寛秀さん 88歳=東大寺長老、元同寺別当・華厳宗管長
訃報:筒井寛秀さん 88歳=東大寺長老
会えてよかった:大和の仏像 釈迦如来坐像(東大寺) /奈良

「崖の上のポニョ」、関東で29.8%(時事通信)
盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)
政治資金規正法改正に意欲=鳩山首相(時事通信)
新日鉄名古屋製鉄所を捜索=敷地から強アルカリ水漏出-名古屋海保(時事通信)
医師確保事業で着服、宮崎県職員を懲戒免職(読売新聞)

故・藤沢名誉棋聖の孫・里菜さん、史上最年少11歳でプロ棋士に(産経新聞)

 祖父の故・藤沢秀行名誉棋聖、父の藤沢一就八段に続き、三代の囲碁のプロ棋士を目指していた、11歳の藤沢里菜さんが史上最年少で難関を突破した。6日、東京都千代田区の日本棋院で行われた、平成22年度女流棋士(特別)採用試験本戦の最終ラウンドで勝った藤沢さんは6勝2敗となり、1位での合格を決めた。後日、正式承認され、4月1日付けで女性初の小学生プロ棋士が誕生する。

 9人によるリーグ戦で藤沢さんは6勝2敗となり、3人が同成績で並んだが、序列の差で抜け出した。11歳6カ月は謝(しぇい)依旻(いみん)女流3冠(女流名人、女流本因坊、女流棋聖)の14歳4カ月を大きく更新し、男性を含めても趙治勲二十五世本因坊の11歳9カ月を抜く最年少記録となる。

 「2敗したときはもうなれないと思っていたので、うれしいです」と、素直に喜びを語る藤沢さん。6歳で碁を始め、道場に通い勉強した。兄と出場した全国小・中学校囲碁団体戦・小学校の部では3年間、優勝に貢献した。「小学生のうちにプロになりたかった」という最初の目標をクリアし、「女流のタイトル目指して頑張りたい」と、大きな夢がふくらんだ。(榎本弘幸)

【関連記事】
名誉棋聖の藤沢秀行さんが死去
波瀾万丈の「シュウコウ先生」 盤上の真理探求に終生情熱
「藤沢氏、世界の棋士のあこがれ」大竹英雄・日本棋院理事長
「碁は芸術と教わった」依田紀基九段、藤沢氏の遺志継ぐ決意
「碁は芸術」の藤沢氏 独創的な棋風で一時代

棋聖戦、張3連勝(産経新聞)
<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論-政府チーム(時事通信)
国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ(医療介護CBニュース)
歩道の3人、乗用車にはねられ心肺停止…名古屋(読売新聞)

成年後見制度付き高齢者住宅を整備 品川区(産経新聞)

 品川区は4日、自宅の売却や生活費などの資産管理を依頼できる成年後見制度付きの高齢者住宅を東大井地区に整備する方針を明らかにした。区によると、成年後見制度付きの高齢者住宅は23区で初だという。平成23年度の開設を目指す。

 区によると、八潮地区では団地住民の高齢化が進み、老朽化した木造住宅が密集する荏原地区では防災上の観点から住み替えの必要性が指摘されている。

 そこで区は、区の成年後見センターと連携。高齢者に自宅を売却してもらい、高齢者住宅に移り住んでもらえるようにする。

 介護が必要になっても、住み替え先の高齢者住宅では後見人に家賃や生活費などの資産管理を任せることができ、安心して区内で住み続けられるという。

挑戦者・張三冠が3連勝…棋聖戦あと1勝(読売新聞)
航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)
<オリックス・小瀬選手>宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
石川議員ら保釈申請=小沢氏団体事件(時事通信)
薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン-厚労省(時事通信)

読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(時事通信)

 第17回読売演劇大賞が2日発表され、新国立劇場が制作した「ヘンリー六世」が大賞・最優秀作品賞(副賞200万円)を受賞した。贈賞式は26日に東京・内幸町の帝国ホテルで行われる。 

住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず-埼玉(時事通信)
国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
税優遇の不動産、陸山会が異例の所有(読売新聞)
「日本語大賞」に小学生ら4作品=言葉の力再発見、第1回表彰式(時事通信)
「外部保存通知」の改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)

<センター入試>追試験 最多は数学(1)640人(毎日新聞)

 大学入試センターは1日、病気などで本試験を受けられなかった972人を対象に1月30~31日に行った追試の実施状況を発表した。受験者が最も多かったのは2日目の数学(1)の640人で、初日の外国語が627人で続いた。972人のうち384人はインフルエンザが理由で、類似の症状が理由の受験生も125人いた。

【関連ニュース】
国公立大2次試験:志願倍率1.0倍…中間集計
センター試験:追試、過去最多の972人
センター試験:願書受け付け始まる 国公立大2次
センター試験:得点調整は実施せず
センター入試:得点差は最大15.76点 調整ない見通し

橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
日中歴史共同研究報告書 「政治は未来志向で」官房長官(産経新聞)
深夜の路上強盗 3万円奪い逃走 大阪・阿倍野(産経新聞)
飲酒で免職、最多16人=警察の09年懲戒処分(時事通信)
陸山会へ迂回で1000万円移し替え疑い 小沢氏関連団体、資金洗浄か(産経新聞)

首相動静(2月4日)(時事通信)

 午前6時23分、松野頼久官房副長官が公邸に入った。同28分、松井孝治官房副長官が加わった。
 午前8時48分、松野、松井両氏が出た。同52分、公邸発。「小沢幹事長がさらに説明責任を果たすべきではないかとの声が、党内、世論から出ているが」に「本人としては知り得る限り、記者会見などで説明責任を果たしていると思っている」。同54分、国会着。同58分、参院第1委員会室へ。同9時、参院決算委員会開会。
 午前11時56分、参院決算委休憩。同57分、参院第1委員会室を出て、同59分、国会発。午後0時1分、官邸着。同2分、執務室へ。同6分から同12分まで、松井官房副長官。
 午後0時15分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時33分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同55分、参院第1委員会室へ。同1時、参院決算委再開。
 午後4時58分、参院決算委散会。同59分、参院第1委員会室を出て、同5時2分、民主党代表室へ。
 午後5時4分から同26分まで、松井官房副長官。同27分、民主党代表室を出て、同29分、院内大臣室へ。同30分から同37分まで、松井氏、松山健士内閣府政策統括官。
 午後5時38分から同6時11分まで、三谷秀史内閣情報官。同12分、院内大臣室を出て、同13分、国会発。同15分、官邸着。同16分、執務室へ。
 午後6時17分から同25分まで、白木勇最高裁判事。
 午後6時26分から同36分まで、生方幸夫民主党衆院議員、中山義活首相補佐官ら。同43分、執務室を出て、同44分、官邸発。同46分、国会着。同47分、衆院第1委員室へ。同50分、衆院予算委開会。
 午後7時1分、衆院予算委を途中退席し、同2分、衆院第1委員室を出て、同3分から同4分まで、仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相。同5分、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。同12分、同室を出て大ホールへ。同13分から同20分まで、報道各社のインタビュー。「東京地検特捜部は嫌疑不十分で小沢幹事長を不起訴としたが」に「検察は公正な立場からこのような判断をしたものだと受け止めている」。同21分、大ホールを出て執務室へ。
 午後7時22分から同48分まで、長妻昭厚生労働相。厚生労働省の細川律夫、長浜博行両副大臣、山井和則、足立信也両政務官同席。同49分から同8時8分まで、近藤誠一駐デンマーク大使。松井官房副長官同席。
 午後8時9分から同38分まで、直嶋正行経済産業相、三日月大造国土交通政務官。
 午後8時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同57分、公邸着。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

5人死傷事故で19歳逮捕=無免許でスピード出し過ぎ-千葉県警(時事通信)
空港生活92日間、人権活動家が中国帰国へ(読売新聞)
<東海道新幹線>架線切れ3時間半不通…15万人に影響(毎日新聞)
小沢氏不起訴、地検特捜部長の一問一答(読売新聞)
寒い!北海道・占冠で氷点下34・4度(読売新聞)

<雅子さま>病状は大きく改善 東宮職医師団が見解(毎日新聞)

 宮内庁の野村一成・東宮大夫は5日、皇太子妃雅子さま(46)の体調についての東宮職医師団の見解を発表した。適応障害としている雅子さまの病状については変化はなかった。そのうえで、病状は大きく改善しているが「ご活動の幅をさらに大きく広げていただくまでには、さらなる時間が必要」と指摘した。

 見解では雅子さまの状態を「(東宮職医師団が最初に診断した)5年半前とは比べられないほどによくなられた」とし、その背景に皇太子さまや愛子さまの存在を挙げた。ストレスを感じることがあっても「比較的早く立ち直られる」という。

 ただ体調はなお波があり、ひとつの活動の準備に大きな努力が必要であったり、いくつもの活動を続けられない状態だと指摘した。その対応として、今後は活動が過分で負担にならないような配慮が必要で、ライフワークとなる活動を見つけることが「大きな自信につながる」とした。

 また海外訪問については、公式訪問は負担が大きすぎるとし、期間が長くない私的な訪問を検討することが望ましいと記した。

 雅子さまの療養は03年12月からで、7年目となった。東宮職医師団は例年、雅子さまの誕生日の12月9日に合わせて見解を発表してきたが、今回は「分かりやすく、これまでの経過を振り返るような内容にするため」(野村東宮大夫)などの理由から、発表は約2カ月後にずれ込んだ。【真鍋光之】

 ◇この1年の公務は3回

 雅子さまのこの1年の公務は、地方訪問は横浜市での式典や神戸市で1月17日にあった阪神・淡路大震災15周年追悼式典への出席など計3回。09年10月に静岡県の国民文化祭への出席も検討されたが、体調を考慮して取りやめた。各分野の有識者らから話を聞く「ご進講」や国連大学での会議に数回出席しているが、宮殿の講書始の儀、歌会始の儀は欠席した。赤坂御用地内を清掃する勤労奉仕団への御会釈(ごえしゃく)は一度もない。

 日常生活では、御用地内の散策をほぼ毎夕にしており、気分転換や体を動かすことに努めているようだ。愛子さまが通う学習院初等科の運動会や文化祭などの行事には積極的に参加している。また、愛子さまが入学した当初は毎朝、皇太子さまと一緒に御用地の門まで登校を見送っていたが、最近は皇太子さま単独が多くなった。皇太子さまが地方公務の時には雅子さまが見送っているという。【真鍋光之】

<リコール>三菱ふそうのトラックやバス 同部品の日産も(毎日新聞)
<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
創志学園にペナルティー=財源不足のまま大学新設-文科省(時事通信)
衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)
上質で着心地グッド! 3万円以下イタリア製スーツ好評(産経新聞)

<女児連れ去り>中3逮捕 未成年者略取容疑 名古屋(毎日新聞)

 名古屋市北区で14日にドラッグストア駐車場から生後1カ月の女児が連れ去られた事件で、愛知県警捜査1課と北署は30日、同市内の中学3年の男子生徒(15)を未成年者略取の疑いで逮捕した。県警によると、生徒は「僕が赤ちゃんを連れていきました」と容疑を認めており、詳しい動機を追及する。09年12月25日には現場から約2.5キロ北東の同県春日井市内でも生後10日の男児の連れ去り事件が起きており、慎重に関連を調べる。

 容疑は14日午後3時45分ごろ、同区中味鋺3のドラッグストア駐車場に止めた乗用車から、後部座席に寝かされていた女児を抱きかかえて連れ去ったとしている。女児は約15分後、約100メートル西の市営住宅の駐輪場で保護された。けがなどはなかった。

 県警によると生徒は女児の母親(38)が長女(6)と女児を車に残して買い物をしていた約10分間に、女児だけを連れ去った。母親はエンジンをかけ、ドアに鍵をかけていなかった。生徒は母子と面識はなかったという。生徒は事件当日も学校に登校し、発生時は放課後。事件後も休まずに登校していた。

 また生徒が通う中学校の教頭によると、生徒は友人関係や勉強で悩んでいる様子はなく、高校進学を目指して受験勉強に励んでいたという。「ルールを守り、学校生活がきちんとできる生徒。信じられない気持ちだが、事実であれば経緯や原因を探り、反省して二度と繰り返さないようサポートしていきたい」と語った。【福島祥、中村かさね】

【関連ニュース】
連れ去り:車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋
連れ回し:知人女性と3人の娘を車で 24歳男逮捕 広島
裁判員裁判:長男監禁死、母に懲役6年判決 「自覚感じられず」--神戸地裁姫路支部
裁判員裁判:逮捕監禁被告に懲役4年の判決 /東京
屋久島の元社長死体遺棄:容疑で2人逮捕 全容解明へ新たな局面 /鹿児島

出勤簿のトラブルで同僚殴る 容疑の男逮捕 秩父(産経新聞)
<鳥取不審死>強盗殺人容疑で36歳女を再逮捕(毎日新聞)
<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)
<地震>宮城・大崎で震度4=30日午前1時40分(毎日新聞)
昭和基地で越冬隊交代式(時事通信)

雇用見込み期間「31日以上」に緩和へ(読売新聞)

 政府は29日、雇用保険が適用されるための雇用見込み期間を現行の「6か月以上」から「31日以上」に緩和することを柱とした雇用保険法改正案を閣議決定し、国会に提出した。

 パートやフリーターら短時間労働者を保険適用の対象者とするのが狙いで、「全労働者を雇用保険の被保険者とする」とした民主党の政権公約(マニフェスト)実現の一環となる。

 週の労働時間が20時間以上~40時間未満の短時間労働者は約364万人おり、うち雇用見込み期間が6か月未満で保険適用外となっているパートやフリーターなどは約255万人いるとされる。

<薬害C型肝炎>新潟の50代女性 給付金の対象に(毎日新聞)
富士通、山本常務が社長に昇格(レスポンス)
<食中毒>弁当食べた137人に症状 愛知・稲沢の業者製造(毎日新聞)
<株主代表訴訟>西松建設元役員らを提訴 違法献金返還求め(毎日新聞)
渋滞の車列に大型バイク追突、男性死亡 大阪中央環状線で(産経新聞)

作家・佐々木譲 北方領土「2世には生活の問題」(産経新聞)

 【話の肖像画】辺境より(中)

 --北海道に住んでいることは、作品にどう反映されていますか

 佐々木 自分が生きてる場所から、視点や題材、これを書いてやろうと思うものを発見することが多いですね。

 --場所は重要な要素

 佐々木 北海道でも、それ以外の土地でも。いま単身赴任のような感じで、妻子は東京の谷中(やなか)に住んでいます。「警官の血」という作品では、存分に東京の地元感を出したつもりです。

 --合点がいきました。でも単身赴任は寂しいですね

 佐々木 女房に言わせると私、書いてる間は人間じゃなくなるらしくて(笑)。ささいなことにいらだつし、集中を切らされると怒る。元気で仕事してくれればいいということのようです。

 --親御さんが択捉島出身ですね。道東に住まいを定めたことと関係はありますか

 佐々木 いま思えば、風景や風土に惹(ひ)かれていたという気がしますね。ほんの数キロ走れば高台から国後島が見えます。自分のルーツは東の方にあると意識していたんで、仕事場を決めるとき、自然に場所を選んでいたように思えます。

 --択捉島についてはルポも書かれていますね

 佐々木 島民2世として行くことが多かったんです。3年前に初めて政治的な運動をしている人たちと行ったんですが「500年かかっても取り返す」といわれて、なんだかずれてるな、と感じました。

 --というと

 佐々木 500年解決しなくてもいいんですか、と言いたくなる。島民2世には、目下の問題なんですね。家族が墓参りにもいけない。行き来の自由ぐらいはすぐに何とかならないのか。私たちにとって北方領土は理念の問題ではないんです。

 --次の予定は

 佐々木 行こうと思えば毎年でも行けるんですけど、時間が取れない。次はいつになるかわかりませんが、ルポやエッセーを求められれば書きますし、写真も提供しますよ。(篠原知存)

【関連記事】
【話の肖像画】辺境より(上)作家・佐々木譲 東京が舞台では書けなかった
直木賞の佐々木譲氏、「廃墟に乞う」で組織と個人の対立描く
ベストセラー「笑う警官」映画化 原作者、佐々木譲さんに聞く
直木賞に佐々木譲さん、白石一文さん
芥川賞・直木賞 選考過程、講評を紹介

児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大-情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
民家全焼、父と10歳女児、祖母の3人死亡 神戸(産経新聞)
昨年の月給、減少率最大=3.9%マイナス-厚労省調査(時事通信)
「A少年じゃないが切り刻んだ」 亀井発言に批判(J-CASTニュース)
市バスが電柱に衝突、14人負傷=京都(時事通信)

FDA3号機はピンク、ネットアンケートで決定(読売新聞)

 フジドリームエアラインズ(FDA)は25日、新たに導入する3号機を静岡空港で記者団に公開した。

 ブラジル・エンブラエル社製の「ERJ175」。ブラジルを21日に出発し、25日午後1時過ぎに到着した。

 機体の色は、ホームページでアンケートを行い、1号機の赤、2号機のスカイブルーとのバランスも考えて「ドリームピンク」になった。28日から同社の既存の3路線に配備されるが、4月からは、静岡空港から3月いっぱいで撤退する日本航空(JAL)から引き継ぐ福岡便と札幌便で、6月からは同じくJALから引き継ぐ松本空港(長野県)の福岡便と札幌便で使用される。

FDA3号機はピンク、ネットアンケートで決定(読売新聞)
募集人員は10万12人=国公立大入試で訂正-文科省(時事通信)
第2次補正予算が成立(医療介護CBニュース)
きょう元事務長の控訴審判決=一審無期、死刑適否が焦点-岐阜6人殺傷・名古屋高裁(時事通信)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)
プロフィール

Author:ひらがさだいちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。